小さなバストは永遠のコンプレックス

若い頃から、大きくならなかった私のバスト。ふっくらした谷間のあるバストに憧れて、バストが大きくなるという体操をしてみましたが、全くダメでした。パッド入りの下着を着用して、少しはごまかせたかなあという感じで毎日過ごしていました。

ルーナナチュラルアップナイトブラ

そんなコンプレックスの私のバストですが、生涯で一度だけ、ふっくらしたことがあります。出産して、子供に授乳している期間でした。この時だけは、人並みとはいかないものの、いくらかふっくらしていたので、嬉しかったです。

もっとも、それも一時だけ。子供が卒乳してしまうと、また小さくなってきました。それに追い打ちをかけるように、乳がんになってしまったのです。乳がんで左胸を切除。手術後は、ホルモン治療をしています。ホルモン治療のせいもあってか、もともと小さかったバストが、さらにさらに小さくなってしまったのです。切除した胸を再建して、右のバストも手術で大きくする、という方法もあるようなのですが、年齢も考えてやめました。

ということで、バストが小さいことは、もう諦めています。小さいから、いいことだってあります。乳がんのしこりが見つけやすかったこと。冬場は厚着をするので、窮屈なブラジャーをしなくても済んでしまうこと。コンプレックスなのに変わりはないけど、そう自分を納得させて、ポジティブに生きようと思います。