クセが強い

加齢によるホルモンバランスの崩れが一番顕著に見られるのは「髪」ではないかと思います。http://alesenciel.org/

白髪、薄毛、ツヤがない、パサパサ、コシがないなど、全て当てはまります。それに加えて私が一番驚き、悩んでいるのは「くせ毛」です。幼い頃はクルクルで所謂「天然パーマ」などと、言われていました。

それも、髪の毛を伸ばすことにより、髪の重力である程度対処できるようになります。「ストレートパーマ」や「縮毛矯正」なるものの出現で憧れのストレートヘアに、より一層近付きました。その一方、カラーや矯正などの過酷な施術で髪は酷使されていたのでしょう。

年齢を重ね、女性ホルモンが減少するにつれ、加齢特有の症状が忍び寄っていました。息子から「お母さん、ハゲてるで」と鏡では確認できない場所を指摘されたり、洗髪後、排水溝に溜まる大量の髪の毛、キラキラ光る白髪等々。それに加えて、驚いたのが、訳の分からない「強いくせ毛」が現れ、生え際に変な立ち上がりや、おかしな所に分け目ができたりしています。

もう長さの重力に頼ることもできません。美容師の方に話したところ「歳をとると、クセは強く出てしまうんです。」と。若い頃のようにパワーの無くなった髪の毛はカラーリングだけでも悲鳴をあげており、矯正なんてできる状態ではありません。そんな中一番頼りになるのは、「カットが本当に上手い美容師さん」です。今はこの強いクセを上手に活かせる腕の良いの美容師さんを探しています。