森林浴のリフレッシュ効果

森林浴を考えて見たとき、森の中のイメージをしてみるのが良いと思います。気持ちがリフレッシュする感じを覚える人が多いと思います。

現在のストレス社会では、旅行をして、気分転換してリフレッシュする人も多いと思います。

2泊3日の体験旅行を都心の比較的近場の場所を選んで体験する場合、明治神宮の鎮守の森がお勧めします。木の香りの成分であるフィトンチッドには殺菌効果やリラックス効果があり、森林浴は五感を使うことで、リラックス効果を最大限に見出すことができるのです。

健常者の人は、高尾山や多くの森林に行って体験をした方が良いです。障碍者は、サポートをする人がいれば体験しても良いです。私自身は、歩くのが不自由で、自宅で体験できるものを購入して楽しみたいと思います。自宅で森林浴を考えた場合、臭覚でにおいを感じリラックス効果を楽しむことになります。

人間には、五感が有ります。味覚、視覚、聴覚、触覚、臭覚が添わっていますが、臭覚が一番早く衰えます。フィトンチッドのにおいを嗅ぐことでリラックス効果、臭覚の復活にも期待してやりましょう。私のように身体障害があり森林に入るのが困難な場合には、自宅で森林浴を体験しましょう。その場合フィトンチッドの成分を含んだ製品で、スプレーしてリラックス効果などを体験しましょう。森林浴を体験する季節は、春や夏が多いと思いますので、寒い冬に焦点を当ててみたいと思います。

ひんやりした森の中を五感で感じ取って日々の疲れを癒したり、気分をリフレッシュしたりすることもできます。一番効果を実感できるのが、気分が落ち込んだ時に森林に入ってみると清々しい気分になれます。春や夏に森林に入る時は、嫌なことを感じることも有ります。蜂に刺される、花粉症を心配する人も多いと思います。

春や夏を止め、冬に森林に入ることを考えて見るのも、良いと思います。又は鳥のさえずりや川のせせらぎといった自然の音を録音したCDを聞くことも、一つの方法になります。森林浴は五感を使うことで、リラックス効果を最大限に見出すことができるのです。森林浴で一番出る言葉は、フィトンチッドです。殺菌効果やリラックス効果。血圧の高めの人、低めの人が森林浴をして正常値に近づいた報告もなされています。日々ストレスを感じることが多いので、気分転換を兼ねて小旅行で森林浴を感じてみるようにしましょう。