子供に運動させるなら、ノビノビ、楽しく、リトミック

お子さんに早くから運動をさせたい。そう思ったならリトミックがおすすめです。リトミックとは、音楽に合わせて自由に体を動かす運動のことです。

あなたも、幼稚園や保育園で、先生が弾くピアノに合わせて、歌を歌いながら運動したことはあると思います。

http://www.sienaworkshop.com/

幼児期にはいろいろなことを一気に吸収します。ですから、吸収力が高い幼児期こそ、運動をしっかりさせたほうが良いのです。幼稚園や保育園でリズム体操をするのは、運動機能を育てるためだったのですね。

年齢に合わせて楽しめるのがリトミックの良いところです。赤ちゃんのうちは、ママやパパの膝の上で音楽を聞きながら体を揺らしながら、楽器を鳴らしてあげると喜びます。

何度も繰り返せば、自然と歌に反応する様になります。

音の聞き分けができるようになったら、教材を用意して音の楽しさを親子で共有してみましょう。おすすめの教材を紹介します。

楽器:タンバリンや鈴、カスタネットにマラカス。これらは100円ショップで買うことができます。家の中で音が出るものはないか探してみるのも楽しい遊び方です。例えば空き箱に、輪ゴムをつけて弾いてみたり、たたくと良い音がする缶や容器でドラムのような楽器を作るなどして、身近にある音を沢山感じさせてあげましょう。

DVDの映像に合わせて、動きを真似して楽しめるので、表現力がぐんとアップします。子供たちに人気の「アンパンマン」のキャラクターが踊っているものや童謡を収録したもの、幼稚園が公開しているリトミックの風景動画など、様々な教材があります。お子さんの年齢や興味に合わせたものを選びましょう。

運動量が上がると家でリトミックをやるのは限界になってきます。そんな時はレッスンを受けたり、サークルを探してみましょう。

子供が多い地域では、子育て支援に力を入れていて、親子で参加できる教室を定期的に開いています。お住いの自治体が発行する広報やインターネットで調べてみましょう。

子供に運動をさせたいからと一方的に親の考えを押し付けてしまうと、運動自体を嫌がるようになってしまいます。まずはリトミックを通して、お子さんが自由に表現できる力を育てましょう。

私のダイエット体験談

私は、女性は28歳が体の境目と聞いて、29歳までにやせようと思いダイエットをしました。目標は12キロやせることで、身長は162cm65キロありました。体重には、標準体重、美容体重、モデル体重の3通りあり、美容体重を目指しました。http://www.essd2016.org/

ただ、急激に痩せるとリバウンドもひどいので、たくさんの記事を読むん中で、1か月に落とせるピークの体重は1.5キロ~2キロと書いてあったので、半年時間をかけてやせていきました。まずは、食事改善で、私はもともと朝ご飯をあまり食べない上に、夜ご飯をすごく食べてしまう食事生活でした。

なので、まずは必ず朝はご飯を食べること。朝起きてたら、トイレに行った後体重をはかり、それを記録すること。

そのあと、まずは一杯を水をのむ。それから、朝ご飯を食べる。朝ご飯はなるべく、米を食べるようにしており、もち麦をまぜて炊いたものをたべていましたが、朝ご飯はなんでも食べてもいいというルールもつくっていたので、正直焼きそばとか食べたいものをたべていました。

夜は糖質制限で糖質は取らないようにしており、もずくなど食べていましたが、週1、2度の外食の日は解禁にしていました。運動は週1回のテニスに加えて30分のランニングを週2ほどしていました。これで7か月かけて12キロ痩せることができました。ただリバウンドしないよう筋肉量をあげる必要性もあり、それができていなかったため、リバウンドがそのあとありました。

リバウンドしないダイエット

学生の時から、少しぽっちゃり気味だった私は、

若い時からダイエットを繰り返し痩せたり太ったりと7、8キロ体重を上下させていました。

でも30代後半今現在ここ3年間は、

成長期が止まった高校生の頃から考えても一番痩せている体重です。http://www.donna4da.com/

何が今までのダイエットと違うかなと、考えるとそれは自分のダイエットに対する考え方でした。

丁度子育てと重なっていたのですが、

子供の生活リズムを整えたい!という気持ちから、子供と一緒に夜九時には寝てしっかりと睡眠をとるようになりました。

子供に健康に育って欲しい!という気持ちから、体にいい食べ物を食べさせたいという思いがでてくると、

するとおのずと自分も、スナック菓子や加工食品また砂糖が多いお菓子を口しなくなってきました。

子供が学校でマラソン大会がある、というと一緒に練習をしていたら、体を動かすと心も安定する事に気付きました。

今までは、一か月頑張ろうや、いつまでに体重何キロにしようなど目標を決めて頑張っていたのですが、

最後に行ったダイエットはダイエットをしようという意識ではなくて、しっかり子供を育てたいという気持ちから、

生活習慣の大切さ健康に過ごす事のメリットに気付いた結果でした。

ゆっくりと、ですが体重が減っていっていき、あまりいらいらする事なく過ごせるようにもなったと思います。

健康に過ごしたい、という思いが大切なんだなと思っています。

ダイエット成功させたい!

コロナ感染が気になる毎日で、通っていたジムも休講になったり、時間が狭まっていたり、やはり感染などが気になり、通うのをためらってしまっているこの頃です。そうなると、自力で何とかダイエット方法を考えていかざるをえなくなりました。家にいる時間が増え、戴き物や好きで買っていたおやつ類を食べる頻度がお茶と共に増えていました。http://sepanmar.org/

今は少しずつこの回数を減らすようにしています。最低昼(おやつタイム)、晩の2回位にし、食べた後は座り込まず、すぐに食べた食器を洗って片付けたり、トイレに行ったり、ダイレクトメールなどの処理や片付けものをしたり、用事をしたり、少しでも歩数や動作を増やすようにしています。

そしてジムと同様に用意している簡単なバイクを目に付くところに置いて、テレビを見ながらこぎます。ポール、バランスボール、一時流行ったワンダーコアも置いていて、テレビやビデオを見る時はなるべく使ってストレッチもするようにしています。友達からもらっている床置き式で円盤型の体重計のようなものに乗ってウエストをねじるような動きができるものもあり、目に付くと乗っています。

今までこのようなグッズがありながらオブジェ化していました。この状況で家にいる時間が増えたことと、運動不足とダイエットしたい!という気持ちがそのグッズに目が行くようになり、活用しています。やはり動くとウエストのクビレやお腹周りのスッキリさや便秘解消にも繋がり、ダイエット成功につながりそうな予感がしています。