髪をカラーリングし、時間が経つと色の境目が目立つ

私の髪の毛は、日本人に多いはっきりとした黒色でした。おまけに、髪の毛一本一本が太く、ゴワゴワの髪質で下ろすと広がってしまっていました。街行く茶髪などの明るい髪色の人に憧れ、髪を染めてみたくなりました。

ベルタヘアローションを買った効果

一度、ブリーチして髪色を落としてしまうと、黒髪に戻すときに大変になるという話を聞いたことがあったので、ブリーチはしないで染めました。人生初のカラーをしたときの感想は、「頭皮は全然ヒリヒリしなかったけど、髪質が前よりもゴワゴワしてしまったな」でした。

髪はなぜか広がらなくなりましたが、カラーは地毛の色の人でもいそうな黒髪に近い茶髪でした。そのため、髪が伸びても色の境目は目立ちませんでした。髪がブリーチをしないでもっと明るくしたい!と思った私は、初めて染めた時と同じ美容院で二回目のカラーをしてもらいました。一回目よりも明るくなり、とても嬉しかったです。黒い服を着ると余計に染めた色が分かり、カラーしたんだなと実感できました。

二か月に一回カラーに来るのが目安らしいですが、私はなかなか忙しく、行くことができません。カラーしてから一か月後くらいには、生えてきた黒髪との色の差が目立ってきました。家にいるとあまり感じませんが、お店などに行くと、照明のせいで余計に黒の髪の部分が目立つようになりました。忙しい人に向けたもっと気軽に短時間で終わる美容院があるといいなと感じています。